読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒゲメン技術者の野球観

野球が好きですが志低くプロ野球選手の夢を諦め、技術者になったヒゲメンの野球観をつづります。面白おかしくみてやってください。

高校野球をやらない選択肢

日本で、野球をしてる人なら誰しもが憧れるであろう甲子園。

 

丸刈りの高校生が、夏の暑い中、

野球をする場所

 

常識で考えれば、拷問でしかないが、

様々なドラマが生まれ、国民を感動させてきた。

 

でも、エース格のピッチャーはプロでもやらない中一日、決勝に近づけば連投。

何かのバツゲームのようだ、、

 

それでも彼らは日本一になるために投げている。

10年前は私も同じことをしていたわけだが、、

 

最近は選択肢が増えた気がする。

社会人硬式野球も16歳を受け入れて、

野球をやらせてくれる。

 

私の知り合いに高校の野球部をやめて、

社会人野球をやる方がいるが、

それは健全な考え方のようにも思える。

 

ましてや、筋トレの知識があれば、

他の同級生より、パフォーマンスを上げることもできると思う。

 

知識が万永しているこの世の中で、

体にあったトレーニングを見つけることはそう難しくないし、ただやらされて3年間すごすよりも、もっとレベルの高い社会人のチームで、基礎を固めながら、自分を高めることは、その後の野球人生の為にもなると思う。

 

高校を卒業してプロになるのは一握り、卒業後は大学や社会人、独立リーグなどで活躍することになるだろう。

 

長い目でみたら、

野球を楽しむ上での選択肢として、

部活動がホントに良いのか、考えても良いと感じた。